aamall

2006年02月26日

新たな創作会席料理に挑戦! ”美食物語”を販売開始5

ホテル三泉閣は2006年2月より”美食物語”を作りました。
”美食物語”は五感で楽しむ創作会席というコンセプトで商品化したものです。
五感とは視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の5つです。

(1)視覚。
料理長が旬の食材を美しく盛り付けます

(2)聴覚
美食物語にお出しするお料理の中に旬の食材を入れた釜飯があります。
釜飯はお客様の目の前で炊き上げますので、グツグツと炊き上がる音を聞きながらお料理をお楽しみいただけます

(3)触覚
直接お料理に触った触覚ではなく、お料理の良さを肌で感じるといったものです。
洗練されたお料理を実感してみて下さい。

(4)味覚
これはお料理の味付けです。
”料理自慢の宿”と言われるぐらい”味”に対しては高く評価いただいています
料理長の味付けを存分に楽しんで下さい。

(5)嗅覚
お料理の匂いです。食材の匂い、調理されたお料理の匂い、とにかく食欲をそそるお料理の匂いを存分にお楽しみ下さい。

美食物語ではお料理を”梅”、”竹”、”松”にランク分けしています。

そしてお料理の名前をそれぞれ
  ・旬彩梅御膳
  ・旬彩竹御膳
  ・旬彩松御膳
としています。

「もっと”品のある名前を”と付けたら?」

と言われましたが、シンプルに付けてみました。

理由はシンプルが一番美しいと思っているからです。

”旬彩”は、”旬”の食材を”彩り”つまり食材の美しい彩りを楽しんでいただきたい。そんな思いから名づけました。

お料理の内容ですが、基本となるお料理は”梅”です。

どんな料理なのか知りたい方はこちらをご覧下さい。

この”梅”ランクに”伊勢海老の具足煮”を付けたものが”竹”ランクです。
また、”梅”ランクに”鮑の柔らか煮”と”豊後牛陶板焼き”を付けたものが”松”ランクです。
”梅”ランクでも十分お料理をお楽しみいただけますが、さらにボリューム感や高級食材を堪能されたい方には”竹”ランクや”松”ランクのお料理をオススメ致します。

美食物語はとにかく”見て”楽しみ、”舌”で楽しむをモットーに、いかにして会席料理を楽しんでいただくかを日々研究しながら作り上げています。
もし当会席料理を御利用いただけるようでしたら、是非ご評価いただき、ご指摘等も含めてお話ししていただければと思っています。

美食物語の料金・お問い合わせはこちら
 



sansenkaku at 17:30│ 創作会席料理